{$siteTitle$} 東京・神奈川・名古屋・大阪・広島を拠点に展開するエンジニアリングソリューション企業

Engineer Profile

06

「個」ではなく「組織」で。
マネジメント力で社を牽引する
Miyazaki

仕事に対する熱い想いで、プロジェクトの成功へ

私は今AXASの大阪支店に所属しておりますが、入社したきっかけは、営業を開始してまもない大阪支店に社員エンジニアが1人もいないという状況の中、これから一緒に作り上げていくというチャレンジができることと、その中で自分自身が成長できるのではないかと思ったことです。
前職では自社パッケージ製品のプリセールスを行なっていました。そこでのユーザー折衝や営業支援の経験が、今の現場においてお客様の動向を把握し、状況にアンテナを張り、情報のキャッチアップをし、その情報を営業に連携するといったことを、スピード感をもって活かされていると思っています。
現在のプロジェクトではトメンバーとしてシステムの開発に参画しています。エンジニアとしての実務する一方、進行管理やクライアントとの折衝などマネジメント業務も同時に行っています。
私は、エンジニアという仕事に必要なスキルは、技術力の前にコミュニケーション力だと思っています。「仕事」という形でチームが組まれている以上、チーム力こそが成功への近道だと思うのです。
ITとはいえサービス業です。個人の自由な発想と技術で解決できるものはなく、クライアントが抱える課題や要望を的確に捉え、できるだけ費用と時間を抑え、ベストな回答を導き出すか。また、その導き出した答え通りに仕上げることができるか。業務の成功には、プロジェクトチームとなった全員が同じ方向を向き、業務にあたることが不可欠です。
私は自身の経験から、マネジメント力の重要性は必須だと思いますし、自分自身のマネジメント力を高めたいと思っています。そのため、現在はプロジェクトマネージャーの資格を取るための勉強をしており、今後はマネジメントに特化した業務を希望しています。

社内表彰での受賞が、
モチベーションUPとなった

AXASでは、毎年10月、年に1度「コミットメントグランプリ大賞」という社内表彰があります。この表彰で私は、エンジニアとして初となるグランプリを獲得することができました。
この表彰制度はお客様の成長につながるサービスを実現できているかが評価規準。それを踏まえ、自分が1年間どのような仕事をし、その成果がどう評価されたかなど、自分自身を振り返る大切なきっかけにもなりました。
エンジニアが「お客様にとっての成長」「お客様の課題解決」という目的において、革新的なサービス・ソリューションを生み出すことは、あくまで手段のひとつ。お客様に寄り添ったエンジニアサービスを提供することに大きな意義があると思っていますので、こうした受賞を励みにすることはもちろんですが、今一度気持ちを引き締める時間が持てたと思います。

こだわりたいのは、
「MADE IN AXAS」を作ること

現在は自分のやれることを精一杯従事する日々ですが、自社の技術の質や組織力の強化は常に考えています。
AXASは今、大きく変わろうとしています。社員数においても、私が入社した当時に比べ急増していますし、社内研修や営業からのフィードバックなどにより、技術力の高い人材を多く輩出できる会社になってきているものと自負しています。
おかげさまで活躍する場を多く与えていただいている昨今ですが、一方で自社としてのオリジナルの開発に携わりたいという個人的な夢があります。
一から発想する、世の中にとって新しく便利なもの。そのためにAXASは、個々のスキルをもっともっと向上させる必要がありますし、会社として一丸となるコミュニケーションが必要だと思っています。その中心に自分が立てるよう、自分を鼓舞しそのタイミングを待ちわびています。
「いつかはMADE IN AXAS」――これを心の中に秘め、今目の前にあることに全力投球しています。