{$siteTitle$} 東京・札幌・神奈川・名古屋・大阪・広島・高松・福岡を拠点に展開するエンジニアリングソリューション企業

アクサス株式会社のインタビューページfujinoさんメイン画像

会社とともに、
エンジニアも成長し続けられる環境

Engineer Profile

04

アクサス株式会社のインタビューページfujitaさん画像
Fujino

エンジニア主体の組織だからできること

 私がエンジニアになったのは今から約20年前。 インターネットが一般家庭に普及し始めた頃、 卒業論文でプログラミングについて書いたことをきっかけに、 この分野についてさらに学びたいと思いました。 大学卒業後、すぐにプログラミングの職業訓練に通い、 エンジニアとしてのキャリアをスタートさせました。
 アクサスに入社したきっかけは、エンジニア主体の組織に魅力を感じたからです。 前職ではデザイン系のWeb制作会社に勤めており、エンジニアのモチベーションを高めるために、 評価制度などについて積極的に提案していましたが、なかなか聞き入れてもらえませんでした。 一方、アクサスはエンジニア主体の組織なので、エンジニアの評価制度がしっかりと設けられていたり、 資格を取得すると報酬がもらえたりと、モチベーションアップにつながる環境が整っています。 また、組織に対する提案も積極的に受け入れてもらえるので、エンジニア一人一人の環境が日々改善され、 「日本でもっともエンジニアがわくわくする会社になる」というビジョンに一歩一歩近づいていると感じます。

お客様と積極的に関わり、
課題解決の糸口を見つける

アクサス株式会社のインタビューページfujitaさん画像



 これまで、様々なプロジェクトに携わってきましたが、 どの現場でもどのように動けばお客様の役に立てるかを、常に先読みして行動するように心掛けています。 プロジェクトが円滑に進むように根本的な問題解決を考えて、 時にはお客様と違うアイデアを提案することも大切です。その積み重ねが、 お客様の信頼を得ることにも繋がると思います。
 普段からお客様とは仕事、プライベートに関わらず沢山のコミュニケーションを取るように意識しています。 お客様の求めていることを何気ない会話からキャッチし、それを思考錯誤の末に課題解決が実現できることに、 非常にやりがいを感じています。

社内交流でスキルを高め合い、
エンジニアが「わくわく」する組織へ

 アクサスでは多くのエンジニアがお客様先に常駐しているため、 できるだけ気軽な雰囲気でエンジニア同士が交流できるように、 オンラインによる「発表会/勉強会」を実施しています。エンジニア未経験で入社するメンバーも多いので、 交流や情報交換による人的ネットワークの構築を図るとともに、 技術・プレゼンテーションスキルなどの向上を目指すことを目的としています。 異なる業界・業種のプロジェクトに携わっているメンバーの話が聞けるので、非常に勉強になります。 発表者が自身のナレッジを自由に共有できる場として、今後も「VBA入門の勉強会」や「メンタルヘルスの勉強会」など、 様々なテーマで実施される予定です。
 エンジニア同士の交流を深める企画は他にも開催されており、私も資格取得者の表彰を企画したことがあります。 エンジニアという職種上、資格は自分のスキルを対外的にアピールするひとつの武器になるため、 多くのメンバーが資格取得に励んでいます。 私自身も、アクサス入社時に”プロジェクトマネージャ試験に合格する”という目標を立て、 基本情報技術者・応用情報技術者・プロジェクトマネージャを取得してきました。 頑張って資格取得をしたメンバーには表彰することで賞賛文化を高め、 さらに勉強方法を全体で共有できたら良いなという想いで、企画を考えました。 このように、アクサスではエンジニアが「わくわく」するような施策が次々と実施されています。 今後も私自身、アクサスがより良くなるアイデアを提案していきたいです。

アクサスで働くことにご興味のある方は
こちらからご応募ください。