{$siteTitle$} 東京・神奈川・名古屋・大阪・広島を拠点に展開するエンジニアリングソリューション企業

Engineer Profile

03

就活で注目したのは、
「女性が働きやすい会社」
Yamamoto Nakajima

仕事に対する熱い想いで、プロジェクトの成功へ

先進的な業界と思われているIT業界ですが、女性の活躍が十分に進んでいるとはいえない企業も多くあります。そんな中、2016年に新卒で入社し、コンシューマ向けサイトの開発・運用プロジェクトに携わっている2人も、学生時代にはITエンジニアとして社会で活躍できるかどうか不安があったといいます。

Nakajima:結婚や出産などのライフイベントを考えると、ITのような技術を身につけていることが強みになると考え、この業界を目指したという経緯がありました。一方で、本当に女性が活躍できるのかという不安もありました。そんな気持ちで参加したAXASの女性限定説明会で女性人事の方からの「AXASは働く女性を応援する」「女性でも上のポジションを目指していける」という言葉に勇気付けられ、入社を決めました。

Yamamoto:私もその女性人事の方には説明会や選考を通じて大きな影響を受けました(同じ関西出身というところも大きかったと思います)。女性としての『自身の働き方』『人生計画』に対する話を聞き、こういう人のいる会社なら女性エンジニアに対しても理解してもらえるはずだと確信しました。性別に関係なく、頑張った分だけ評価してもらえるというところにもやる気をかきたてられました。

2年目だからこその悩みは、
「成長したい」という意欲

Yamamoto:私たちの世代は新卒の同期入社が非常に多かった年。同じ目線で話せる仲間が多いことは嬉しいのですが、一方で「他の同期はどんな評価を得ているのだろう」と気になることもしばしばあります。他の同期よりも自分は成長が遅いのではないかといった焦りすら覚えます。でも、この負けず嫌いの性格が成長に役立つと信じて日々頑張るのみです。

Nakajima:同期はたくさんいますが、ライバルは自分です。1年目で大役を任せられたものの、思うように進められなかったときは、家に帰って「何でこんなことも出来ないんだろう」と悩む毎日でした。それでも任された以上は自分で解決しなければと必死に食らいつきました。一生懸命課題に向き合った1年を経て、気がつくと以前は出来なかったことが難なく出来る自分がいることに気づきました。自分というライバルにリベンジできた瞬間でした。

お互いがお互いの長所を認め合う

Yamamoto:新卒で、しかもお客様先に派遣されるということに不安がなかったわけではありません。同期であり女性同士の2人で同じプロジェクトに参加できたことは心強かったです。そんな彼女について思うのは、「仕事が早い!」ということ。どうしたらそんなに早く仕事が出来るのだろうとただただ驚くだけでしたが、次第に見えてきたのは、彼女は『人とのコミュニケーションを大切にしている』ということ。それによりたくさんの情報を入手することができ、上達も早い。だからこそ、仕事も早いのだろうと勉強になっています。

Nakajima:Yamamotoさんも、自分にはないコミュニケーションスキルを持っています。それは人への気遣いです。ある時2人で外出した時「歩きにくいでしょ、こっちおいで」と声をかけてもらったことがあります。その時私は歩道の点字ブロックの上を歩いていました。特に歩きにくいと感じていたわけではないのに、彼女は私の足元まで気遣って優しく声を掛けてくれたんです。頼れる人だなと感じたのはその時以来で、今でも私の足りない部分を持っている人だと思っています。