{$siteTitle$} 東京・神奈川・名古屋・大阪・広島を拠点に展開するエンジニアリングソリューション企業

Engineer Profile

05

新卒入社して1年。
仕事を通じ新たな課題に向き合う
Suzuki

AXASのワークスタイルに、成長できる利点を見出せた

専門学校を卒業後、新卒採用でAXASに入社しました。そのきっかけとなったのは、セミナーにて人事担当の話に共感したことです。熱い想いを聞くことができ、こういう方たちとなら一緒に働いてみたいと思いました。
しかし、入社への意欲が膨らむ一方、まだ学生でしたので具体的な働くイメージがわかず、ただ漠然と新宿の本社でエンジニアとして勤務するのだろうと思っていました。
しかし入社して研修が終わった後に分かった自分の配属先は、お客様先に常駐する部署でした。「会社に就職する=社内で働く」というイメージが先行していたので大変驚きました。でもそれが、今となっては良かったと思っています。入社後に参画したお客様は、私にとってとても刺激のあるものだからです。
現在私の業務は、社内で利用する受託案件などを管理するWebシステムの開発と、スマホアプリで使用するAPIの開発などを行なっています。仕事の現場は、新人の私にとって戸惑うことも多いですが、それを上回るぐらい好奇心を掻き立てられる課題に直面できます。また一緒に働く皆さんのプロ意識の高さも、モチベーションにつながっています。
AXASにいることで、このような常駐先での学びが得られるというメリットを実感しています。

2年目の課題は、自分のコードに自信を持つこと

専門学校の勉強とは違い、業務の現場では応用をきかせたソリューションや難解なミッションと直面するため、入社してからの1年間は無我夢中でした。
使用している言語に対する知識が乏しく、これまでの私は、他人が読んでも理解できるコードを意識していなかったので、読みづらく理解しにくいものだったと思います。
しかしこの1年で業務を経験し、他の人のコードを目にする機会により、言語の知識や書き方を学ぶことができました。最近では「もっと簡単な処理にできないか」「もっとコード量を短くできないか」「これは無駄なことはしてないか」など、誰が読んでも理解できるコードに注力しながら開発にあたっています。
少しずつですが、さまざまな角度からプログラムを考えることができるようになり、自分の中の成長を感じることができています。 2年目となる今年は「実業務レベルで使用できる言語の種類を増やすこと」「コードを最適化させる力を向上させること」を大前提に、自分の組んだコードに自信を持ちたいです。

エンジニアとしての挑戦。
いつかはAXASを牽引する力に

私も一人のエンジニアとしてこれからのIT業界を展望すると、AIの分野は急速に発展していくことと思います。これまでは人が行ってきた業務にもAIが組み込まれていくはずです。そうなると、私たち人間が行う業務が極端に減るのではないかという危惧はありますが、しかしやはり、ITは人が動かしていくという可能性も無限大にあると思います。
私自身、今一番興味があるのは、ネイティブ言語を使用したスアホアプリの開発とAIを取り入れたアプリケーションの開発です。いくらAIが人に変わって業務を遂行しようと、その中でもしっかりと第一線で活躍できるエンジニアになっていたいと思います。そしていつかは「AIだったらこの人」といわれ、先頭を切っているエンジニアになれるよう努力していきたいです。